ピロリ菌外来

日本人の約半数がピロリ菌に感染しているといわれています。
ピロリ菌は胃がんや潰瘍の発生に関連性があるとされており、胃や十二指腸に疾患が見つかった方でピロリ菌に感染している方は
ピロリ菌の除菌療法を受けることが保険で認められています。

ピロリ菌除菌療法に保険が適応される例

胃や十二指腸に疾患が見つかった方で

  • 内視鏡検査または造影検査で胃潰瘍または十二指腸潰瘍と診断された方
  • 胃MALTリンパ腫の方
  • 突発性血小板減少性紫斑病の方
  • 早期胃がんを内視鏡で治療した方
  • 内視鏡検査で胃炎と診断された方 (内視鏡は他院にて実施いたします)

ピロリ菌の感染が疑われる方のうち、いずれかに当てはまる方は除菌療法を受けるかどうか医師とご相談ください。

ピロリ菌除菌の流れ